バリ島観光①(空港・ウブド)

投稿者: | 2014年9月23日

 

先日人生で初めてバリ島に行ってきました。インドネシアと言えばバリ、むしろバリはバリだ!!!くらいに日本人にとって有名な旅行先ですね。私もインドネシアに来るまでは、インドネシアはバリのイメージが強かったです。いつかは行こうと思っていたバリ。今回ちょうど良いタイミングがあったので訪問してきました。

 

いざ、バリ島へ

日本人が海外に行く際に良く買うと思われる「地球の歩き方」の「インドネシア」のページ割りはバリが一番、にもかかわらず「バリ島」だけで別に一冊売っているくらいなので、見所満載なことは間違いないと出発前から思っていました。私が住んでいるバンドゥンには空港があり国内のみならずマレーシア、シンガポールに行くことも可能です。

DSC02962 (640x425)

もちろんバリ行きの飛行機も数社が1日に何本か飛行機を飛ばしていて、行きは乗ったことがない「city link」でした。出発2日前くらいにチケットを買ったのですが、タイミングも良かったのか約3,500円ととても安かったです。ここまでの金額で買うことはおそらく難しいと思いますのでとてもラッキーでした。

飛行機の出発時間は15時5分、早めに空港に到着しカフェで時間を潰しチェックイン。出発ロビーで搭乗案内を待ちますが、前の便が遅延していたので、後ろの便はどんどんその分遅れが・・・、小さい空港なので遅延はそのまま後続の便に影響します。ある程度予想はしていたものの、やっぱり感がありました。

 

バリ島到着後友人と合流

そして1時間半ほどのフライトを経て無事バリの空港に到着!実はバリが初めてなだけではなく、ジャワ島以外のインドネシアに行くことも初めてでした。そしてバンドゥンとバリには時差が1時間あり、1時間進んだ状況となります。

空港は新しいようでとても綺麗でした。

DSC02979 (640x425)

空港を出て案内通りタクシーカウンターへ向かいます。さすが観光地、ひっきりなしに「どこ行くの?」と声をかけてきます、しかもたまに日本語混じり。日本語ができれば収入に繋がりやすいので、独学で勉強して必要な言葉を勉強している人も多いようです。これは強烈な学習意欲になりますよね・・・

タクシーカウンターに並んでいると「タクシーはもう終わったよ」と言われました。確かにタクシーは見当たらないけれど自分以外にもまだまだ人が並んでいる状況。すると何台もタクシーが入ってきました、つまり嘘だったようです。インドネシアに来てからこういうあからさまな嘘やぼったくりは少なく感じてましたが、ここまで露骨な嘘は初めて。これもまた日本人観光客が多いからこそなのかもしれません。ちなみに料金はこのようになっていました。

DSC02990 (640x425)

そして15分ほど並んだでしょうか、やっと自分の順番になりタクシーに乗れました。目的地は「ウブド」です。実は今回日本人の友人がバリに旅行すると聞いていて、そしてその友人とは年単位で会っていませんでした。、私がインドネシア在住ということもありせっかくの機会なのでインドネシアで会おうか?という話になった、というのが今回バリを訪問することになったきっかけです。

空港からウブドまで約1時間半、待ち合わせ場所の「カフェ ワヤン」に到着。

DSC02991 (640x425)

既に友人達3人は食事を始めていて、自分も遅ればせながら参加。久しぶりなので、お互いに近況報告をして2時間程過ごしました。前に会った後結婚したメンバーもいて幸せそうでなによりでした。料理はインドネシアの料理だけでなく様々なメニューがあり、味も美味しかったです。

DSC02994 (640x425)

食事後は3人は宿泊先のホテルへ、そして私は、22時から宿を探しをしなければなりません。来る前にインターネットで見たり、タクシー運転手にウブドのロスメンはいっぱいある、と聞いてきたのでちゃんと見つけられるだろうと考えていました。1人になってからどうしたのか、どうなったのかはまた次回に。

バリ観光② へ続く