バリ島観光③(ウブド・シガラジャ)

投稿者: | 2014年9月24日

 

バリ観光② はこちら

 

オジェックに乗るとやっぱりあった立ち寄りポイント

オジェックに乗ること1時間くらいだったと思いますが、おじさんから「コーヒー休憩しよう」との提案。確かに運転疲れもあるかもしれない、自分もあれば飲むのでOKしました。

そして入ったのが「コピ・ルアク」を扱っているお店(TEGAL SARI KOPI LUWAK)。ご存知の方もいるかと思いますが、「ジャコウネコのふんコーヒー」です。この商品自体はインドネシアのスーパーでも販売されていますが、実際に飲んだことはありませんでした。

これが本物の「ジャコウネコ」、昼間はひたすら寝てるようです、普通の猫と変わらないですね。場所が暗く写真がうまく撮れずで残念でした。

DSC03034 (640x425)

1組の客に1人従業員がついて説明をするようで、コーヒーを作る過程を説明してくれます、ここのコーヒーは全て人力で処理されており、他の所とは違うという説明をオジェックのおじさんもしていました、詳しい・・・。そしてこのお店は日のテレビの取材もあったという話です。

かなり遠くに行く予定だったので、まさかこのようなポイントがあるとは考えていませんでした。さすが観光地、オジェックのおじさんはこういうスポットと協力して客を連れてくることでマージンをもらっているんでしょうね、やられました・・・

来てしまったのはもう仕方ないので開き直って美味しいコーヒーを飲むことに。おばあさん、写真撮影慣れてますね。

DSC03036 (640x425)

次は座席に案内されていよいよコーヒータイム。かと思ったんですが、このお店で作られている各種の飲み物を少量ずつ全て試飲するスタイルのようです。ガイドしてくれた店員が少量ずつカップにコーヒーやお茶を入れていきます。

DSC03053 (640x425)

客はこれら全てを飲むことができます、もちろんそこに「コピ・ルワック」も含まれています。感想としては癖がなくあっさりした感じで美味しかったです。うんちを飲むという抵抗も全然なく飲みました。ただいろいろと飲むのでだんだん味がわからなくなった気もしましたので、なんだかもったいない気もします。どうせなら「コピ・ルワック」を1杯じっくり飲む方が良い気がします。下の写真が、出てきたそのままのものだそうです。

DSC03051 (640x425)

そしてコーヒータイムの後に案内されたのは、しっかりしてますお土産売り場です。試飲場所で何が美味しかったかを書かされたメモ。てっきりアンケートかと思っていたら、ここでお土産を買わせる伏線だったとは・・・観光地ビジネスはしっかりしてますね、勉強になりました。現在シェアハウスに住んでいることもあり、みんなで飲もうと2つほど購入し、その後改めて「シガラジャ」へ。

 

やっと目的地のシガラジャへ到着

途中山を越えて「シガラジャ」の「ガネーシャ教育大学」に到着したのがだいたい2時頃。到着し次第友人に連絡するとすぐ対面できました。ネット上ではやりとりしていましたが、会うのは初めてで、今日の授業は既に終了したとのこと。日本人の先生とお会いする予定でしたので案内してもらいました。

廊下の座席に座ってゆるーく雑談のような感じで話をさせていただきましたが、その内容からいろいろと思うことがありました。一番大きいのは「教育格差」があるということです。これは学生の問題ではなく、位置的関係や教育システムの問題がとても大きいと思います。

同じバリでも南側の方は日本人も多いですし、人が多く集まる場です。日本語学習者は当然ネイティブ日本人と話がしたいでしょうし、機会が多い方が上達するはずです。そのような機会が「シガラジャ」ではほとんどない、ということがとてもわかりました。そのおかげで私もとても学生の皆さんに歓迎していただいたという感じもしています。

しかし、学生のみなさんからは留学したい、日本で働いてみたい、という意見がとても多く、そうするとやはり不利な環境な中でいかにより日本語を身につけていくか、というのは課題ではないかと思います。

私が現在進めている「すかSUKI」プロジェクトのひとつのコンセプトとして、「ネイティブ日本人と一緒に日本語学習ができる」というものがあります。ITが発達した現代だからこそできることですし、有効に使える可能性のあるひとつのケースではないか、と感じました。もし、「すかSUKI」に参加してもらうことで、日本語能力が向上してもらえれば、私も大変嬉しいです。今回の訪問はいろいろと今後の活動に繋げられそうな良いきっかけになりました。

先生とのお話をさせていただいた後は、大学近くのオススメホテルに。こちらでは現地友人に目ぼしいところを探してもらっていたので、自分では決めていませんでした。1泊130.000ルピア(約1,300円)とそれなりにお手頃なところで、部屋もきれいで満足。

DSC03063 (640x425)

この日特にその後の予定はなく、ホテルにずっといるのも退屈だったのでふらりと散歩することに。Google Mapを見るとカルフールがあることがわかり、マックくらいはあるかなととりあえず向かってみました。途中海が近かったので少し道をそれて立ち寄ってみました。どうやら泳ぐことはできない場所のようです・・・

IMG20140917173405

そしてカルフールに到着したのですが、マックはなかったです、それどころか飲食店が1つもなかったです、残念。向かう途中にも、あるのは屋台くらい。どうやらこの辺りでお茶をしたい場合は、ワルンに行くしかなさそうです。

後日先生に聞いたところ、1軒ケンタッキーはあるそうですが、それくらいしかないとのことでした。「シガラジャ」はコンビニはたくさんありますが、お茶しながらまったりするような飲食店が全然ないことがわかった1日でした。

バリ観光④ へ続く