バリ島観光⑥(デンパサール・クタ)

投稿者: | 2014年9月25日

 

バリ観光⑤ はこちら

 

いざバリ島観光へ

デンパサールでの主な目的は到着日に達成できたため、この日と、次の日はやっと?観光に集中できることになりました。午前中は単独行動することになっていたので、暑いのは承知で9時頃から散歩に出かけました。

デンパサールに来るまではほとんどと言っていいほど見かけなかったベモのターミナル、「トゥガル・ベモ・ステーション」。

DSC03229 (640x425)

「クンバサリ・ショッピング・センター」。ここでは日用品を含めいろいろな物を売っていることもあり、観光客狙いの人達が多くいるようです。私もおばさんから日本語で話しかけられました。

DSC03233 (640x425)

こちらは川を挟んだ場所にある「パサール・バドゥン」で、食品関係もいろいろと売られていました。同じくかなりごちゃごちゃした印象でしたので、中をゆっくり見て回る場合は貴重品に注意した方が良さそうです。

DSC03237 (640x425)

そのまま歩いて到着したのは「ププタン広場」。

DSC03242 (640x425)

敷地は結構広く、子供が遊んでいたり、何かイベントで使われそうな設備が設置されていました。

DSC03259 (640x425)

公園の近くには「ジャガッナタ寺院」。州立の寺院だそうです。

DSC03245 (640x425)

その隣には「バリ博物館」がありました。

DSC03246 (640x425)

博物館の入場料は10,000ルピア(約100円)で、入口で国や人数を記帳してから入場します。そこにガイドが待機しているので、必要なければ断りましょう。

いろいろとバリに関する物が展示されていて勉強になるんですが、博物館の中で写真撮影をしている人達がたくさんいました、6組ほどいたと思います。どう見ても結婚する人達が記念撮影をしているようにしか見えません。そして博物館の敷地はそれ程広くないにもかかわらず、見学者そっちのけで撮影をしています。

DSC03256 (640x425)

ここで写真撮影しなければならない理由があるのかわかりませんが、これもここに来たからこそ見れる光景と思えばいいでしょうか?しかし見学にはやはり邪魔でしたので足早に見て回って出てしまいました。

近くにショッピングモールの「ティアラ・デワタ」があるようなので立ち寄ってみました。中に入ってみると土曜日だったこともあり、ローカルの方達で大変賑わっていました。

DSC03260 (640x425)

この日もとても暑かったこともあり、休憩を挟みつつとはいえ2時間ほど歩くと汗びっしょりで疲れました。1人での観光はこれくらいにして待ち合わせ場所に向かうことに。

 

バリ島で2人目の「すかSUKI」メンバーと初対面

午後からはその日と翌日の2日間、「すかSUKI」メンバーのバリ在住者が案内をしてくれることになっていたため、ホテル近くのメイン通りにスターバックスがあったのでそこで待ち合わせすることに。

インターネット上では1年以上前から知り合っていましたが初めての対面です。全員に実際に会えるとは限りませんので、やはり顔を合わせられる機会があるのはありがたく嬉しいものですね。

スターバックスにて2時間くらいバリのこととか、仕事のこと、「すかSUKI」のこととかを話しした後「コタ」へ向かうことに。いよいよ観光っぽくなってきました。バイクに乗せてもらえるのは本当に助かります。

初めて見た「コタ」、そのインパクトを一言で表現するなら「驚き」。ここはバリなのか?そしてインドネシアなのか?見渡す限りインドネシアではほとんど見られないようなお店、それから多くの外国人、おそらく写真を見ただけではここがインドネシアだと思う人はいないんじゃないでしょうか(写真は次回に少々UP)。これほどまでとは・・・と本当に驚きました。

到着しバイクを置き向かったのは砂浜です、しかし既に日没後のため辺りは真っ暗・・・わかっていたけれども。しかしその代わり上を見上げれば多くの星、それから海岸線に続くお店の明かりがとても綺麗に見えました。

その後夕飯を食べるためにイタリアンレストランに入り食事。値段は東京で食べるのより少し安いかな、という程度でしたが、味はとても美味しかったです。この食事クオリティにも驚きました。そしてオーダー時に店員がなかなか気づいてくれませんでしたが、オーナー(欧米人かと思います)らしき人が気づいてくれました。この接客クオリティにも驚きでした。美味しい食事を終えてホテルまで送ってもらい翌日に備え就寝。

バリ島観光⑦ へ続く