最初の1週間の授業終了

投稿者: | 2014年2月7日

 

もう1回ありました自己紹介

今日は嬉しい金曜日。
仕事をしていたときだけでなく学生も金曜日はやはり嬉しいですね。

今日の授業の入り方は先生の自己紹介トーク。
先生が自分のことを話しした後は初対面ということもあり先生が1人ずつ、
「名前は?」、「どこから来たの?」、「いつからバンドゥンにいるの?」といった質問を投げかけます。
そして今回は前回以上に自己紹介が盛り上がりました。

何故盛り上がったのかというと韓国人の方が漢字で名前を書き、
自分の漢字の文字1つ1つの意味をインドネシア語で説明し始めたのがきっかけです。
(この方は2年ほど日本に留学されていたそうで日本語もできます)
私と韓国人以外は感じに馴染みがないので珍しい話題だったらしく、
先生も含めてあーだこーだと賑やかな状態に。

一旦自己紹介を終えていた私ですが漢字を使う国として説明しないわけにはいかないきません。
前に出てホワイトボードに漢字をバシっと書き、
この文字は○○で、この文字は○○だと一文字一文字意味を説明。
インドネシア語がわからない文字もありそれは英語で。

そうしたら今度は別の韓国の方がハングル文字を分解して説明しだしました。
私はハングルわからないのですが、分解して意味がそれぞれあるみたいですね。
アラビア文字を説明している生徒もいましたが、うーん良くわかりませんでした。

かなり賑やかだったので他のクラスに迷惑がかかるほどうるさい教室だったかもしれません。
前回きちんと名前を聞けなかった人達の再確認ができて良かったです。
が、それでもまだちゃんとわかってるかどうか自信がありません。
ミドルネームがある名前に慣れていないこともあると思いますが・・・

また、自分の漢字の意味を再確認する機会にもなりました。
漢字を使わない国の人達にとっては興味深いことなのかもしれないですね。
日本にいれば何気なく漢字を使ってますが、
海外に出たことによって外国の人はここまで食いつくんだ!という経験ができたのは良かったです。

先生は授業の合間にもたびたび生徒の名前を呼んで覚えようとしているのがわかり、
仕事とはいえ偉いなーと思いました、自分も覚えないと。

その後はちゃんとテキストに則って授業が進行して終了。
金曜日の先生はノリが良い感じで私は受けてて楽しめる授業になりそうな気がします。

 

欲しかったものを手に入れました

明日はマッサージもいいなーと昨日書きましたが、結局行かず。
その代わりといっては何ですが「地図」を買いました。

地図

私が今まで行ったことがある範囲は「バンドゥン」のほんの一部に過ぎません。
が、全く良くわからないのに遠出をするのは怖いので、地図は冒険の必須アイテムです。

これでもしも迷子になったとしても、地図を見せて場所を聞けば目的地に行けるでしょう。
経験上親切な人が多いインドネシア人ですので言葉はなくてもこれでOKなはずです。

まだ1週間が終わっただけですし急にインドネシア語ができるようになるわけではありませんが、
少しずつながらも生活に慣れてきていると思うのでほっと一息、といった感じです。

土日は勉強と休息に充てるだけでなく、できれば地図を片手にちょっと開拓できたらと思ってます。