インドネシア留学の事前学習

投稿者: | 2014年2月9日

 

休日2日目もそろそろ終わり・・・
明日からまた1週間が始まりますね。

さて、現在インドネシアで「インドネシア語」を勉強しているわけですが、
私は前職を去年の9月末で退職していたため現地に行くまで時間がありました。

前職は多忙だったのでひたすら休んだりやりたいことに徹することもできましたが、
何もしてないと「これでいいんだろうか?」と不安になりますし、
せっかくの留学を有意義なものにするためにも事前に日本でインドネシア語を勉強していました。
今回はそのときの教材をご紹介したいと思います。

 

日本での学習に使用した教材


インドネシア語レッスン初級〈1〉 (マルチリンガルライブラリー)

インドネシア後の「イ」の字から始めたのはこの書籍です。
基本的な文法からの学習ができますので勉強しやすかったです。
最初は意味が良くわからなくても一通り読んでまた最初から、と繰り返し読み学習ました。

 


インドネシア語レッスン初級〈2〉 (マルチリンガルライブラリー)

上記書籍の続きになります。
いわゆる語根が異なるとどういう意味に変化するかといった項目が多いのですが、
<1>と比べるとかなり難しいなと学習していて思いました。
単純に単語を知っているか知らないかの問題?という気もしましたので、
やはり語学である以上暗記を求められることを学習中実感しました。

 


バタオネのインドネシア語講座 初級―バタオネにおまかせ

この書籍も文法の勉強用の書籍ですが友人に進められ使用しました。
上記書籍よりもさらに細かい文法表現が書かれていますので、徹底的な文法学習が可能です。
また、単語数もかなり多いためこの本の単語を全ておぼえたらかなり語彙力がつきます。
初めて使用しても理解はできるようにできているのでこの1冊で勉強するという方法もあると思います。

 


森山式インドネシア語単語頻度順3535

ボキャブラリー強化に使用したのがこの本です。
3章立てになっており「Level1」の基本単語1,016語を覚えれば、
「日常会話も不自由なくできるでしょう」と書いてあります。

まだ全部を覚えられているわけではないですが、他の書籍との相乗効果もあり徐々に語彙力は付いたと思います。
とはいえ日常会話に不自由がないかと言うとちょっと難しい気もしますが・・・。
引き続き「Level2]、「Level3」の単語も進めていくつもりです。

 

少しでも早くインドネシア生活に馴染むために

他にも購入した書籍はあるのですが主に利用したのはこれらの本です。
インドネシアに来ていちから学習するのも良いとは思いますが、
知識ゼロですと学校以外の日常生活に支障をきたしてしまいますし、
少しでも早くインドネシア生活を楽しむためにも事前学習は効果的です。

まだまだインドネシア語が大してできない私が言うのはなんですが、
何も知らずに来ていたら大変だった、と感じてますのでやってきて良かったです。
仕事をしている方は忙しいと思いますが、単語だけでも知ってる知らないで違うと思います。

日本からインドネシアへ仕事なり留学などで滞在する人が増えているせいか、
最近新しい本が続々と出てきているようです。

私がご初回した本以外にも初学者向けのものがあると思いますので、
自分の向いている、勉強がやりやすい1冊を見つけてもらえたらと思います。