パジャジャラン大学 ティパティウクールキャンパス

投稿者: | 2014年3月22日

 

先日はパジャジャラン大学のジャティナゴールキャンパスについてご紹介しました。
パジャジャラン大学 ジャティナゴール(Jatinangor)キャンパスに行ってきました

今回は、ディパティウクール(Dipatiukur)キャンパスをご紹介したいと思います。

 

現在通っているキャンパス

その前に今通っているキャンパスについてご紹介したいと思います。そもそも学校に通いだして既に2ヶ月弱経過しているにもかかわらず、今まで何故通っているところの紹介をしていなかったのか・・・。その一番の理由は正直紹介するほどのものではない、という理由です(寂しい話ですが)。

現在私が授業を受けているところは「Pusat Bahasa」と呼ばれているところで、教室が5つほどある平屋の建物です。そしてここには外国人学生しかおらず、インドネシア人学生は通っていません。インドネシア人は教員と大学職員数名ということになります。

私としては多くのインドネシア人学生と友達になっていろいろと話がしたいのですが、ただ学校に行くだけではそれが実現できない、ということです。そして建物はこのような感じです。

DSC01693 (640x425)

休日に撮影したので門が締まっていて外から撮影したものですが、どのような感じか雰囲気はわかるかと思います・・・。建物が古いというのはそれほど問題ではないのですが、また学生としてキャンパスライフができる!と考えていただけに残念です。日本での大学生時代も学校が都心にあったためビルだけのキャンパスでしたし。

 

ディパティウクールキャンパスの様子

ティパティウクールキャンパスは、バンドゥン市内で比較的便利なところに位置しています。それほど遠くないところにショッピングモールが複数ありますし、空港へあるいはジャカルタ中心部へ行く際に利用するTravel(高速バス)の営業所を複数の会社が設置しているので大変便利です。私が住んでいるコス(kost)は、このジャティナゴールキャンパスから歩いて約20分程度のところにあります。そして今勉強している「Pusat Bahasa」からも近いです、歩いて15分程でしょうか。

DSC01696 (640x425)
正面入口から中を見た様子です。入口はロータリのようになっており、旗を掲げるポール、それからその向こう側には立派な建物。いかにも大学といった感じがしていいですね。

DSC01694 (640x425)
講堂やイベントスペースとして使われているのでしょうか?中に椅子がたくさん並べられてありました。

DSC01695 (640x425)
キャンパス内の風景です、敷地内を歩いていたり友達と座って話していたり土曜日ですが学生がいました。

そして構内を歩いていると、私が所属しているインドネシア語クラスのスーダン人学生と遭遇。彼はディパティウクールキャンパスでアラビア語を教えていることは知っていたのですが、経済もここで勉強しているとのこと。逆にインドネシア語のクラスの方はもう数週間見ていなかったのですがかなり忙しい生活を送っているようです。

拙いながらもインドネシア語で会話しておおまかな状況をお互いに話ししました。みんなとても頑張っていますね、私ももっとしっかり勉強しなければ・・・

通りを挟んだ反対側にもそれほど大きくないですがキャンパスがあります。「EKONOMI」とあるので経済学部の授業はこちらで行われているのかもしれません。

 

こちらのキャンパスで勉強できるのはいつから?

実は今月になって「3月中にPusat Bahasa からディパティウクールキャンパスに移動する」、という話を聞いていました。しかし、今のところはまだ「Pusat Bahasa」で勉強しています。そしていつから移動する、ということも言われていません。そして来週からは1週間毎日「中間試験」です。

そうことを考えると、恐らく今月中の移動はないのではないか?という気がします・・・。今までも同じ話はあったようですが結局今に至るまで場所が変わってないそうですし、今回も同じことになるのでは、という話も学生の間では出ています。

個人的にはディパティウクールキャンパスで勉強できたらいいな、と思っています。インドネシア人学生と出会う機会もありますし、キャンパスもありますので。家からは若干遠くなりますがそれでも歩ける距離ですので全然問題ありません。

おそらく移動するにしても「じゃあ明日からディパティウクールキャンパスに行ってください」、という事務連絡がある気がします。日本だったらもっと早い段階で伝えると思いますが、インドネシアは何かと急なことが多いですから。

試験期間中であっても移動することは考えられる気がしますので、移動決定の連絡があることを楽しみにしつつ、学校に通いたいと思います。急な話であってもそれに対して不満を持たず、またいつになるの?といらいらもせず気長に待つのがこちらの生活で心がけています・・・。