PROFILE

 

<自己紹介>

名前:yasukemu
1979年4月千葉県生まれの埼玉育ち。

2013年9月末をもって会社を退職し、2014年2月よりインドネシアへ留学。

運動好きだったこともあり小学生時代は友達と外で遊ぶことも多かったですが、発売してすぐにファミコンを親が買ってくれたこともありゲーム好きでもありました。中学~高校時代はひたすらバレーボール漬けの日々。

その反動?か、大学時代は生活に慣れてくると授業に行かなかったり、アルバイトやサークルに精を出すようになってしまうという典型的なダメ学生。

大学3年の就職を考える時期になってもやりたいことも特になかったので就職活動は行わず、アルバイトのテレフォンオペレーターをそのまま続けてフリーターに。(役者やミュージシャンをやっている自由に生きている人が周りに多かったことも影響していたかもしれません)

卒業から1年半くらい経った頃そろそろ就職をしないといけないなと思いたち、とりあえず何か資格を取った方がいいかな?と安直に考えた結果、何となく就職に使えそうな「宅地建物取引主任者」の勉強を始める。資格取得直後、不動産業界の求人を探し採用されるが・・・

 

<職歴>

○自社投資用不動産販売会社(電話営業)
○不動産仲介会社(売買営業)
○卸売業(総務人事)
○社会保険労務士事務所(労務コンサルティング)
○ビジネスプロセスアウトソーサー(社会保険手続)

5つの会社で勤務経験があります。一般的に見ると年齢を考えても転職は多いかと思います。次に履歴書作成するとき全て書ききれないっぽいです。

 

<資格>

○簿記2級
○宅地建物取引主任士(有資格者)
○社会保険労務士(有資格者)
○FP技能士2級(有資格者)
○DCプランナー2級(有資格者)
○特定社会保険労務士(有資格者)

簿記以外は卒業後、FP技能士2級以降は人事時代に取得。

 

<趣味>

○バレーボール
○トライアスロン
○音楽(KEMURI)

2013年6月に椎間板ヘルニアが再発してから激しい運動は自粛中・・・身体が資本ですからね。新卒で就職をせず、正社員として5社で働いてきました。受験を経験したことがなく、大学も単位を苦労せずに取得し卒業が見込めたこともあり、学生時代までは順調であまり悩むことはありませんでした。

しかし、学生から社会人になるタイミングで切り替えができず、何となく過ごしてきてしまったためにこのような結果になってしまった、と自分では思ってます。社会に出るという自覚が当時全くなかったんだなと・・・

しかし転職のたびに自分と向き合い、どうすればいいか悩みました。逆につまずいたことで物事を深く考えることも多くなりました。

さらに社会保険労務士の試験範囲は、働き生きていく上で誰もが関係する内容です。そして幸いにもその後資格を活かせる場で仕事をすることができた事で、将来の事を想像して自分は今後どうすべきなのか・・・考えるようになりました。

ですので最初から上手くいかなくてむしろ良かったのかもしれない、と今は思ってます。誰でも悩む時期はあると思いますが、自分はあの時期だったんだなと。

 

<今後について>

退職するまでは仕事量が多く毎日があっという間で、じっくり考える時間は確実に減っていました。毎日仕事に追われるように過ごすのはある意味楽なのかもしれません。やるべきことをやっていれば毎月給料をいただくことができました。

一方で、でもこのままでいいのだろうか・・・とも考えていました。そして、いろいろ悩んで出した自分が出した結論は「インドネシアに行く」ということでした。ここでは自分がその結論に至った経緯や、関心のあることについていろいろ書いていきたいと思います。

 

<その後>

2014年2月~2014年12月
インドネシア パジャジャラン大学 インドネシア語コース受講

2015年2月
帰国

2015年3月~
人生で初めて派遣社員として働いています。何事も経験と思い、配送センターの夜勤ピッキングもやってみました。最近派遣業界の話題でにぎやかですが、当事者になるといろいろと思う事がありますね。今までの経験を活かせて、ブランクを取り戻すため現在は企業の人事担当として勤務中。

2015年8月
再度インドネシアへ

2016年4月頃
社会保険労務士として独立開業予定

白①

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です